トップ    採用情報    サイトMAP    メール
 
スマートロジ
アルコールチェッカー相談所






 


 ロジコンサポーター  file #012

■file :#012
■会社サトウロジックグループ (有)流通企画
■役職代表取締役社長
■氏名佐藤 栄磨  様


私たちサトウロジックグループは、流通企画・佐藤運送・スカイネット物流の3つの企業で組織された企業体です。お客様のニーズに合わせた4つの相談室を各企業がお客様の立場で真剣に取り組んでおります。"お客様の専門の物流パートナー"として、問題解決・提案・実務を行っていくのが私たち"サトウロジックグループ"です。お客様が今現在、物流の事でお悩みでしたら、ぜひ、私たちにご相談下さい。

[1]お客様物流相談室

お客様の立場に立ち、物流の仕組みを企画する会社 『流通企画』

  物流費を下げたいのだが・・・。
  物流改善って簡単にできるのか?
  配送に追われて営業ができない!
  商物分離ってどうやればいいんだろう?
  成功事例を聴きたいが・・・。

お客様の物流における"小さな悩み"からどうにもならない"大きな問題"、そして多種多様なご要望をお客様の立場になって取り組んで参ります。
現在、物流においてはアウトソーシングと3PL(サード・パーティ・ロジスティクス=物流業務の効率的かつ合理的なシステム創り、また総合的な物流コスト削減を実現するため、荷主企業と物流会社の間に立って相互にメリットのある高付加価値業務を実現する業態)が注目を集めています。この動きの背景には、企業の永続的な発展、資産の有効活用、適正配分、そして「いかにして利益を増大・確保していくか。また、さらに新しい利益源を創出していくか。」という企業・市場・時代の要請、ニーズがあります。
私たちはこのようなニーズに応えるため「利益を産むトータル物流システム」構築に向け、コンサルティング、プランニングなど、トータル物流サポートを展開し"新しい利益源"を創出して参ります。

【流通企画の実績】・・・実績@

業種・業態
製造業(半導体製造装置)T社
売上規模
約4,000億円(グループ)
改善・指導テーマ
共同配送システム作り
改善・指導内容
・組立協力企業間の物流共同化
・物流業務マニュアル化
・物流オーダーの電子化(ペーパーレス化)
・情報の共有化
・物流作業工数削減
・新型車両開発
・物流子会社指導
効 果
・物流コスト 大幅な削減
・物流品質向上(関連企業間高均一品質)
・工場出入車両削減による待時間渋滞緩和
・組立協力企業間 JUST IN TIME 物流
・委託物流の内製化



【流通企画の実績】・・・実績A

業種・業態
卸売業(包装資材・生活紙材)H社
売上規模
約100億円
改善・指導テーマ
自社物流のアウトソーシング(共同配送)
改善・指導内容
・物流外注化
・トータル物流費の削減
・物流オーダーの電子化(ペーパーレス)
・在庫管理の電子化
効 果
・トータル物流費削減
・新店舗配送対応
・商物分離
・情報の一元化


[2]商品管理相談室

物流は「物流のプロ」にお任せ下さい! 『佐藤運送』

私たち佐藤運送がお客様に代わって商品の、受発注、入出庫、保管、在庫管理、仕分、流通加工等あらゆる業務に対応しております。

@ 受発注代行サービス
お客様の商品の受注、発注、そして製造までを私たち佐藤運送が請け負うことができるサービスです。

A 物流加工サービス
お客様の大切な商品を私たち佐藤運送がお客様のニーズに合わせたピッキング・加工をするサービスです。

B 倉庫管理代行サービス
お客様の大切な商品を私たち佐藤運送がしっかり在庫管理、保管するサービスです。


[3]九州共同配送相談室

九州内の納品業務はお任せ下さい! 『スカイネット物流』

九州の道、九州の荷に精通したプロ達が集まったから出来たこと

今や「物流を制する者が流通業界の覇者となる」とさえ言われる物流。IT化と物流効率化が企業の最重要課題となっている。一方で本業以外に金と人を掛けられなくなってきた企業に専門のパートナーとして問題解決をし、提案する物流業者が求められるようになってきた。そんな中で生まれたのが"24時間スルー型共同配送システム"スカイネット物流だ!

スカイネットが提案する「クロスドッキングセンター構想」は、24時間体制のセンターとIT対応、共同配送の3つを組み合わせた物流スタイルだ。もともと物流業界には、倉庫に入れる前に仕分けをして配送先に送り出すという「蔵前配送」という考え方があった。スカイネット物流はこれに共同配送という考え方を加えて独自の構想を打ち立てた。つまり、集荷した荷を物流センターに集め、仕分けをし、同じエリア毎にまとめ、出荷する。
この仕分けをする時に、同時に加工・検品を行うことで、在庫をなくし時間も圧倒的に短縮させる。センターは24時間フルオープンで、貨物は一時も止まらない。

●2拠点で九州全域をカバー●

スカイネット物流は、このクロスドッキングセンターを九州の中心:熊本に置き、大分エリアを含む中・南九州をカバー。
物流量が多く、流れの激しい九州北部エリアの貨物に関しては福岡センターで処理する。

*右の図をクリックすると拡大されます。



配送情報リアルタイム伝送システム

スカイネット物流には、その日の商品の状態をインターネットを通じて、お客様がリアルタイムで確認できる『配送情報リアルタイム伝送システム』を設けております。
お客様がこのシステムを見れば一目瞭然で商品の状態を確認でき、これにより高品質な納品を実現しています。


お客様が物流に関する事でお悩みでしたら、ぜひ私たちにご相談ください。

【STUFF】

物流技術管理士 佐藤 栄磨

物流技術管理士 古荘 明

営業  光安 正彦
(有)流通企画代表取締役社長
(株)佐藤運送取締役副社長
(協)スカイネット物流 理事
流通企画 物流プランナー
スカイネット物流 営業
流通企画 営業
スカイネット物流 営業


 お問合せ先 

流 通 企 画 
 熊本県菊池郡大津町杉水3739-9
 TEL : 096−349−3977
 FAX : 096−294−0050
 E-mail : ryutu-kikaku@satoh-logic.com
※サトウロジックグループの事をもっと詳しく知りたい方はホームページをご覧下さい。
 URL : http://www.satoh-logic.com


Copyright.(C) Logistics & convenience LTD. 2002 All right Reserved